管理栄養士が教える「夏バテにやっぱりウナギを推奨する理由」

  • 2019.07.12 Friday
  • 09:55

こんにちは!


ソフィアプロモーション管理栄養士の佐藤です!


少し前の話になってしまいますが、地元から遊びに来てくれた友人とネモフィラを見に行ってきました!お花の数もさることながら人の多さに驚きましたが、負けじと良い写真を撮るべく奮闘していました。

 

佐藤image-29.jpg

さて、世間はすっかり梅雨入りしてどんよりした日が続いていますが、梅雨が明ければ一気に暑い夏がやってきます。みなさん体調管理は大丈夫でしょうか?

疲れを感じやすい7月は土用の丑の日があります!土用の丑の日というのは季節が変わる直前の約18日間を表していて、丑の日は十二支の丑のことです。昔の人は年だけでなく日付や時間にも干支を割り当てていたそうです。つまり土用の丑の日とは「季節が変わる18日間の中の丑の日」ということになります。

土用の丑の日と言えば思い浮かぶのはやはりうなぎだと思います。ここからはうなぎの豆知識から栄養についてお話ししたいと思います。

 

佐藤image-31.jpg

そもそも丑の日にうなぎを食べるようになった理由は昔から丑の日には「う」が付く食べ物を食べる風習があったからではないかと言われています。

では、みなさんはうなぎの旬をご存じですか?


夏に食べることが多いので、夏の食べ物と思われがちですが、うなぎの本当の旬は冬なのです!

旬の時期ではないのになぜ夏に食べるのでしょうか・・・?


その理由は諸説ありますが、一番有名なのは夏に売り上げが落ちて困っていた鰻屋さんをなんとか助けようと平賀源内という学者が鰻屋さんの外に「土用の丑の日うなぎの日食すれば夏負けすることなし」という看板を立てて大繁盛したのがキッカケと言われています。近年市場に出回っているうなぎはほとんどが養殖で通年して安定した味を提供できる環境にあるそうなので、旬の時期に関係なく美味しく食べられるようになりました。

 

佐藤image-32.jpg

そこで気になるのは「食すれば夏負けすることなし」という一文。どうしてうなぎを食べると夏負けしないのかというとビタミン類が多く含まれているからなんです!

 

佐藤image-33.jpg

中でも注目なのはビタミンB1です。


ビタミンB1はご飯や麺などの炭水化物をエネルギーに変えて疲労回復効果をもたらすことで有名です。つまりうなぎとご飯を一緒に食べるうな丼はビタミンB1を効率的に補うのにピッタリな食べ方ということになります!これがうなぎは夏バテ予防に効果的と言われる要因と言えます。また水に溶けやすい栄養素で、汗などで体の外に出てしまうので食事からこまめに補うことが大切です。

他にも目や鼻、のどの粘膜を正常に保つために必要なビタミンA含まれています。粘膜を正常に保つということは外からのウイルスや風邪菌が体に入ってこないようにするバリアにもなるので、体調を崩しやすい季節の変わり目には欠かせない栄養素です!

上のグラフを見てみると脂質も多いように見えますが、この脂質はお魚特有の栄養素のDHA・EPAのことを表しています。DHA・EPAは脳の働きを良くしてくれたり、血液中のコレステロールを減らす効果も期待されているので、脂っぽいなぁと避ける必要はありません!

皆さんも、7/27の土用の丑の日にはうなぎを食べてこれからやってくる夏に打ち勝つ体づくりをしましょう!私たちの身体は食べたもので作られます。「いつ、何を、どうやって食べるか」食は美味しさ以外にも楽しめることがいっぱいあります!これからも皆さんに役立つ食の知識を伝えていきたいと思います。

 

180703_Sophia_349
 

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。 

管理栄養士が教える「適切な水分補給」

  • 2019.07.05 Friday
  • 09:07

こんにちは!

ソフィアプロモーション管理栄養士の瓦林です。

先日、ディズニーランドに行ってきました!

十数年ぶりに行ったのでほぼ初めましての感覚で、、、(笑)!朝から晩までたくさん遊びました!

行った日はとても蒸し暑い日でこまめに水分をとりました。コンビニや自動販売機などで手軽に買える清涼飲料水やスポーツドリンク。気温の高くなるこれからの季節は、特に飲む量が増える方も多いかと思います。

脱水症や熱中症を予防するために水分補給は大切ですが、飲み物には目に見えない糖質がたくさん含まれていることも、、、!


今日は飲み物に含まれる糖質についてお話をしたいと思います。

0705image-143.jpg

★飲み物に含まれる糖質の量はどこでわかるの?


飲み物に含まれる糖質は栄養成分表示の「炭水化物」を見ることで大体の量がわかります。炭水化物の成分表示には糖質の他に食物繊維も含まれていますが、コーラやサイダー等のように植物性の原材料がほとんど使われていないものの場合は、「炭水化物の量≒糖質の量≒砂糖の量」 と考えることができます。


飲み物に含まれる糖質の量 ≒内容量÷単位量 ×単位量当たりの炭水化物の量(※食物繊維などが豊富に含まれている飲み物には、この公式は必ずしも当てはまりません)

0705image-142.jpg

(( 計算の例 ))
表はある清涼飲料水の栄養成分表示です。
この場合、
500ml÷100ml×11.3g=56.5gなので、500mLペットボトル1本あたりに約56.5gの砂糖が入っていることがわかります。

角砂糖1個が約3gなので、角砂糖に換算すると約19個相当の角砂糖が含まれていることになります。

★1日にどれぐらいの砂糖を摂ってもいいの?

世界保健機関(WHO)は肥満や虫歯を予防するために、砂糖などの糖類を一日に摂取するカロリーの5%未満に抑えるべきだとする新指針を発表しました。平均的な成人で25g(ティースプーン6杯分.角砂糖だと8個)程度が目安とされています。

先ほど例に出した清涼飲料水には角砂糖が約19個相当入っており、1日に摂ってもいい砂糖量の倍以上が含まれていることになります。

★カロリーゼロ・糖質ゼロは本当にゼロ?

0705image-144.jpg


最近は「カロリー(糖質)ゼロ」や「カロリー(糖質)オフ」といった飲料を多く見かけるようになりました。実はこれ、国が定める基準を満たせば0kcalではなくても「カロリーゼロ」の表記が可能なのです。

<国が定める基準>
※一般的な液状食品100mLあたりに含まれる量

0705image-145.jpg

*例えば、「カロリーオフ」の飲料でも100mLあたり18kcalの場合、500mLペットボトルだと1本で90kcalになります。
これは原材料の全てが砂糖の場合、換算すると角砂糖7個相当になります。

このように、飲み物にはたくさんの糖類が含まれているものが多くあります。これらの糖類は身体に早く吸収される性質があり、血糖値の急激な上昇につながるため注意が必要です。清涼飲料水を飲むことで血糖値が上昇し、血糖値が上昇すると喉が渇くため、さらに清涼飲料水を飲むという悪循環に陥ってしまいます。

0705image-146.jpg


★水分補給の上手な摂り方!

*普段の飲み物は何を飲んだら良い?


→日常生活の中ではなるべくお水やお茶を飲みましょう!


水分補給の方法として、一気にたくさん飲むのではなく、1回コップ1杯程度(150〜250ミリリットル)の量の水を1日に6〜8回飲み、1日の必要量(約1.5リットル)を補給するというものが挙げられます。朝起きたとき、通勤で歩いたあと、入浴後、就寝前などにこまめに水を飲めば、水分不足に陥ることなく、また水のとりすぎで体に負担をかけることもなく、疲労回復や健康維持に役立てることができると考えられています。

*スポーツドリンクを飲むタイミング?


→運動の休憩中や終了後に電解質やエネルギー源の補給のために市販のスポーツドリンクを飲むことはオススメですが、市販のスポーツドリンクにも糖質は多く含まれています。運動後の水分補給の目的としてはたくさん飲めるお水やお茶、薄めた麦茶がオススメです!

☆ジュースや甘い飲み物を飲んではいけないの?
→全く飲んではいけないと言うことではありません。毎日飲み続けると身体には悪影響なので、ジュースなど甘い飲み物を飲んだ次の日はジュースなどを控えるなどをして1週間のトータルでバランスよく楽しみましょう♩

0705image-147.jpg


これからどんどん暑くなる季節、適切な水分補給を摂って元気良く夏を過ごしていきましょう!これからもたくさんの方に「食による健康」を発信していきたいと思います。

 

 

180703_Sophia_349
 

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。 

6月は食育月間!管理栄養士が教える「赤身肉でカラダ作りにトライ!」

  • 2019.06.28 Friday
  • 11:19

こんにちは!

ソフィアプロモーション管理栄養士の三溝です!

先日滋賀県の実家に帰った際、地元のカフェ「merci」で唐揚げプレートをいただきました!

0628写真1.jpg

唐揚げはもちろんですが、りんご入りのポテトサラダなど、付け合わせも手が込んでいて美味しかったです!

さて、食育月間 最終週の今回は、イトーヨーカドープライムツリー赤池店で実施した食育プロモーションについて書きたいと思います!

6月8日、18日にイトーヨーカドープライムツリー赤池店にて「厚切りステーキの焼き方教室〜オージー・ビーフでカラダづくりにトライ!〜」を開催しました♪

0628image-136.jpg

プライムツリー赤池の公式インスタグラム、ストーリーズにて投稿されました実施風景です!(写真は私です)

0628写真3.jpg

2日間ともオージー・ビーフを使用し、以前から流行している赤身肉のおすすめポイントをお話ししました!まずは、塩胡椒だけでお肉本来の旨味、甘みを味わっていただき、その後手作り「和風オニオンソース」をかけて召し上がっていただきました!

0628写真4.jpg
こちらがソースのレシピです!


「ステーキと合っていて美味しい!」とお客様から大好評!

実は美味しさプラスのポイントがあります!

今回は後からソースでかけたのですが、ご家庭で活用する際は、お肉を焼く前に漬け込んでおくのがおすすめです!事前に漬け込んでおくと、玉ねぎに含まれるタンパク質分解酵素がお肉を柔らかくしてくれます。また調味料で使用する「砂糖=身体に悪い」とされがちですが、砂糖には保水性という食品の中の水分を保持する働きがあるので、砂糖も一緒に漬け込んでおくと簡単にお肉がしっとり柔らかく仕上がりますよ!

ここで豆知識!

お肉を柔らかくするために牛肉を玉ねぎのみじん切り(すりおろし)に漬け込む料理法を「シャリアピン・ステーキ」と言います。1963年に帝国ホテルを訪れたオペラ歌手のシャリアピンさんが、柔らかく食べやすい料理を出してほしいと注文し、その要望を叶えるために当時の総料理長が生み出したのがこのステーキで、日本発祥の料理です!


実はこの豆知識、イトーヨーカドープライムツリー赤池店の古川店長より教えていただき、私も今回知りました!

ぜひ、みなさんもご家族や友人とBBQにオージー・ビーフでシャリアピン・ステーキを試してみてくださいね♪

 

これからも食育最前線の店頭で「食による健康」を発信していきます!

 

 

180703_Sophia_349
 

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。 

管理栄養士「梅雨の季節に梅をオススメする理由」

  • 2019.06.21 Friday
  • 11:04

こんにちは。

ソフィアプロモーション管理栄養士の増子千恵里です。

梅雨の今の時期、外に出ても楽しく過ごせる雨の日グッズをネットで探すのにハマっています!

みなさんは6月の美味しい食べ物といえば何を思い浮かべますか??

わたしはというと、「梅」です!!!



小さい頃はよく祖母の作ったしょっぱい梅干しをおやつとして1日20〜30個も食べていました。今考えると塩分とかむくみとか高血圧とか、、、恐ろしくて当時の量の梅は食べられません(笑)
 
でも、梅ってとっても素晴らしい栄養があるんですよ!

・疲労回復効果が期待できる
梅に含まれるクエン酸やリンゴ酸などの有機酸には疲労回復効果があります。

・アルカリ性食品
肉類やジャンクフードで酸性になりがちな食生活にはそれを中和してくれる一粒の梅がとても大きな力となります。

・カルシウムの吸収を助けて、骨を丈夫にする
クエン酸などの有機酸にはカルシウムの吸収を助ける働きがあります。

・食欲増進作用
梅には食欲を増進させる働きもあります。
夏バテ時にはぴったりの食材ですね☆

・生活習慣予防
加熱されたウメ(ジャムやエキス、梅干し煮など)には、ウメに含まれる糖とクエン酸が結合しムメフラールという成分が作られます。これには血流を改善し、動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果がある事が発見されています。

梅干しとして食べる場合には1日2〜3個を目安に食べましょう!
わたしは梅ジュースにして飲んでいます☆




梅雨が去ると、今年もうだるような暑さがやってきます、、、!!!

みなさんも梅のチカラを借りながら今年の夏を乗り切っていきましょう!!

 

健康の源は「食」から始まります。これからもたくさんの方に「食による健康」を伝えていきたいと思います!

管理栄養士「ミツカンブルーベリー黒酢豆乳割り生活」をご紹介します!

  • 2019.06.14 Friday
  • 11:43

こんにちは。

ソフィアプロモーション管理栄養士の金子典世です。

気温の高さや日差しの強さを感じることが多くなってきましたね。

みなさんはいかがお過ごしですか?

この前の休みの日に、ずっと気になっていた食堂カフェに行ってきました。
 

0614image-66.jpg

代々木上原にある社食堂というお店です。

店内はとても落ち着いた雰囲気でゆっくりすることができます。

この日は薬味たっぷり海鮮丼を頂きました。(本当に薬味がいっぱい。笑)
 

0614image-67.jpg

こんなにオシャレな社員食堂があるなんて驚きですよね。

首都圏にはオシャレで健康意識の高い美味しいメニューを提供している、一般の方でも利用できる社員食堂が沢山あります。

ぜひみなさんも行ってみてくださいね!

そんな今日は健康にスポットをあてて、元気にこの夏を乗り切るために私が始めた習慣をご紹介したいと思います。

それは「ブルーベリー黒酢豆乳割り生活」です!
 

0614image-68.jpg

何だそれは!と思われた方、とても美味しいので本当におすすめなんです!

このドリンクとの出会いは、先日私が担当したミツカン様とソフィアのコラボ料理教室がきっかけです

ウェルカムドリンクとしてミツカン様が考案したレシピだったのですが、ブルーベリーの風味の中にお酢の酸味と共に豆乳で割っているのでとてもマイルドでヨーグルトで割ったかのようなコクが出てとても美味しいんです!お酢はこれから暑くなる時期にもおすすめの食材です。

代表的なのは食欲増進です。

酸っぱい物を獲ることによって分泌される唾液が食欲を促すと共に消化、吸収を助けてくれる働きがあるんです!私は今までお酢は料理を作る際に少し使っていたくらいで、自分から積極的にお酢をとるということがなかったので、自分にとっては新たな習慣にすることができました。

ぜひ気になった方、スーパーのお酢売り場にあるので飲んでみてくださいね♪

 

 

180703_Sophia_349
 

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。