秋野菜は「夏に弱った身体を回復させてくれます!たくさん食べてくださいね!」

  • 2019.09.13 Friday
  • 10:46

こんにちは!

ソフィアプロモーション管理栄養士の大江です!

先日のお休みに友人と和菓子作り体験に行ってきました!
 

0912image-334.jpg


手作りは、作った人によって線や形が違ってくるのが魅力だと思います!同じに仕上がることは絶対になく、世界でたったひとつって素敵ですよね!

さてさて、早いものでもう9月ですね!

まだまだ夏の暑さが残ってはいますが、季節はもう秋!食欲の秋!

秋に美味しい食材と言えば...
さつまいも、かぼちゃ、きのこ、などなど
心がほっとするような温かい食材が多いですよね♪

ご存知の方も多いかとは思いますが、旬の食材には私たちがその時期に必要とする栄養が豊富に含まれています!

秋野菜には、

夏の暑さで疲れた身体を回復させたり、夏バテの解消に役立つビタミン☆


腸内の環境を整えて胃腸を元気にしてくれる食物繊維♪
 

など、夏に弱った身体を助けてくれる栄養素が豊富に含まれています。

今日は私も大好きな秋野菜を3つ紹介したいと思います!

▼さつまいも

0912image-335.jpg


きっとみなさん大好き!なさつまいもには、食物繊維やビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれています。

また、さつまいもを切ったときに白い液状の成分が出てくることありますよね??実は「ヤラピン」という成分で胃粘膜の保護や、腸運動を活発にしてくれる作用があるんです!ヤラピンは皮に近い部分に多く含まれているので、皮付きのまま調理することがオススメ!ですから焼きいもは栄養を摂取するのに効率的な調理法と言えますね!また、さつまいもはじっくりゆっくり加熱することで甘みが増しますよ♪

▼しめじ

0912image-336.jpg


キノコの中でも使い勝手が良いしめじ!味にクセがないことから、和洋中問わずどんな料理にも使えて人気があります!今からの時期だと鍋に入れても美味しいですよね♪野菜や果物からの摂取が難しいビタミンDや、疲労回復に効果的なビタミンB群が豊富に含まれています。

▼ごぼう

0912image-337.jpg


ごぼうはなんといっても食物繊維がたっぷり!食物繊維は便秘の解消や善玉菌を増やすのに効果があると言われています!また、アンチエイジングに重要な抗酸化作用があるポリフェノールが豊富に含まれています。ごぼうのポリフェノールは皮に多く含まれているので、皮は包丁やピーラーで皮をむかずに、タワシで皮をこすり落として調理するのがオススメです!

ご紹介したもの以外にも「かぼちゃ」「にんじん」など、まだまだたくさんの秋野菜があります!

秋野菜の共通する特徴は、「夏の暑さで疲れた身体を回復させたり、夏バテの解消に役立つビタミン、食物繊維を含んでいること」です。季節の変わり目で体調を崩しやすいこの時期に、積極的に旬の野菜を取り入れて、美味しく健康に秋を乗り切りましょう!

 

 

180703_Sophia_349
 

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。 

管理栄養士が教える「味噌の塩分と上手なお付合いを!」

  • 2019.09.06 Friday
  • 12:54

こんにちは!ソフィアプロモーション管理栄養士の早川です!

出身は岐阜県、美味しいものを食べることが大好きです!

わたしの故郷、岐阜県の美味しいものといえば...

朴葉味噌!鶏ちゃん!五平餅!
 

早川ほうばみそ.jpg

早川五平餅.jpg

この3つの共通点は

「味噌!」

一口に味噌と言っても原料や発酵の条件、出来上がりの色などによっていくつかの種類に分けられます!味噌の原料は畑の肉ともいわれる大豆です!

早川味噌.jpg

大豆と塩を原料に作られるのが豆味噌で、そこに米、麦を加えたのがそれぞれ米味噌、麦味噌です。

現在国内で生産されている味噌の8割が米味噌ですが、私の故郷、愛知、岐阜、三重などの東海地域では豆味噌が多く出回っています!また、食塩や麹の量により甘口と辛口、色により淡色や赤色などの種類もあります。

地域や家庭によって味の違う伝統的な調味料、味噌ですが気をつけなければならないのが塩分です!

日本人の食事摂取基準によると、1日の目標量は成人男性8g未満、女性7g未満となっています。食塩摂取量の平均は9〜11gと言われており、年々減少はしているものの、塩分摂り過ぎと言えます!

実は種類によって、味噌の塩分量が違うのはご存知ですか?

一般的に、

赤色の米味噌

淡色の米味噌

豆味噌

麦味噌の順に塩分が多く含まれています。


いつもと種類の違うお味噌を買ったのに、同じ量で味噌汁をつくってしまうと、なんだか味が濃い!薄い!といったことになってしまいますので注意が必要ですね!

塩分の摂りすぎはには気をつけたいけど、味の薄いお味噌汁ってあまり美味しくないですよね・・・

そこで!美味しく塩分控えめなお味噌汁のポイントを教えます!

とにかく

具沢山!&汁少なめで作ってください!

早川味噌汁.jpg

これからの時期はさつまいもやきのこをたっぷり入れても美味しいですよね!優秀な調味料のお味噌、塩分の摂りすぎに注意して上手なお付合いをしていきましょう!

これからの季節、さんまやマツタケ、りんごや梨など美味しいものがたくさんでてきます!「食による健康」を意識して秋の味覚を楽しみましょう♩

次回のブログも楽しみにしてくださいね!

 

 

180703_Sophia_349
 

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。 

管理栄養士が教える「つわりにお勧めの食べ物」是非!ビタミンB6を栄養摂取しましょう!

  • 2019.08.29 Thursday
  • 08:42

こんにちは。

ソフィアプロモーション管理栄養士の徳永です。

気づけば8月も残り2日!あっという間に夏も終わりですね。


皆さん夏の素敵な思い出はできましたか?

私の夏の思い出は友人と行ってきた東北旅です!
 

徳永image-302.jpg

山形で御釜を見て蔵王温泉につかり福島、栃木をゆっくり観光してきました。こちらの写真は御釜でとった写真です。

そんな旅のお土産を持って友人宅に遊びに行ってきました。今回参加できなかった妊娠中の友人へは食べ物ではなく、体調が悪い時でも楽しんでもらえるよう「フルーツジュース」と「トトロの名言かるた」をお土産にしました。友人の反応は「東北行ったのになぜトトロ。笑」と言っていましたが喜んでもらえたので何よりです。

今回は毎日つわりがありながらも一生懸命働く女性へ向け、つわりについて書きたいと思います。

「つわり」とは・・

妊娠による急激なホルモン変化が原因でおこると言われています。

10022.jpg

妊娠すると胎盤からhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが大量につくられるようになり、その分泌量のピークはつわりのピークと合致するそうです。また、プロゲステロンという妊娠を継続させるホルモンの分泌量も増えて、胃腸の働きをにぶくしたり、血圧を低下させたり、疲労や眠けなど、さまざまな症状が引き起こされます。時期は、妊娠が判明して間もない妊娠5〜6週で始まります。そして妊娠8〜11週にピークを迎え、胎盤が完成する妊娠16週ごろには症状が落ち着いてくる人がほとんどと言われています。ただ、人によっては妊娠後期や出産まで続いたりすることがあるそうです。

症状は吐きけやむかつき、食欲低下、何かを口にしていないと気持ちが悪い、唾液(だえき)が出る、偏食になる、においに敏感になる、眠い、だるいなど、つわりの症状は個人差がありさまざま。妊婦さんによって千差万別です。

症状は大きく分けて2つです。

1つ目は

「吐きづわり:吐きけや嘔吐など」

2つ目は

「食べづわり:空腹時や何かを口にしていないと気持ち悪くなったりなど」と言われています。

mark_ninpu.jpg

「吐きづわり」の方にオススメの食べ物は

水分が多いものは食べやすいので、トマト、スイカ、ゼリーなど。また、のどごしのいいもの、お豆腐やゼリー、そうめんなども食べやすくおすすめです。温かい食べ物だとにおいが立ち上がってくるので、常温や冷たくするなどの工夫もいいと思います。
それから酸味があるものにはクエン酸が含まれているため、胃のむかつきを抑える作用があります。中でも、レモン、トマト、梅、酢などはさっぱりするので食べやすくおすすめです。ポン酢やレモン、梅干しで酸味をつけた和え物やサラダなら食べられる場合もあるので試してみてください。

「食べづわり」の方にオススメの食べ物は

空腹時に気持ち悪くなるので、すぐに食べられるものを用意しておきましょう。小さなおにぎり、グミ、クッキー、キャンデーなど。寝起きに気持ちが悪くなる人が結構多いので、枕元に置いておくのもおすすめです。また、空腹にならないよう小まめに少量ずつ食事をとることも大切です。

また医学的な研究で、つわりでの吐きけを軽減することが明らかになっている食材はビタミンB6と言われています。妊娠中は十分な栄養摂取が必要だとわかっていても、つわりが影響して思うように食事ができない場合が多いと思います。そんな時はビタミンB6でつわりを緩和してから、妊娠中に必要な栄養素摂取を心がけて欲しいです。

これからもこちらのブログから「食による健康」をお伝えしますので楽しみにしてくださいね!

 

 

180703_Sophia_349
 

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。 

フジパン様・キッコーマン飲料様タイアップの食育プロモーションを開催しました!

  • 2019.08.23 Friday
  • 12:42

みなさんこんにちは。

ソフィアプロモーション管理栄養士の吉田です♪

最近暑くて体調など崩されていませんか?

先日北海道に行って来ました!美味しいものたくさん食べてオホーツク流氷館で-15℃の世界を体験したり、世界遺産知床半島をクルージングしてきました!

 

吉田image-280.jpg
こちらは、めまんべつ メルヘンの丘です!

さて今回は、ライフ桜新町店様にておこなった食育プロモーションについてお話ししたいと思います。
 

吉田image-92-2.jpg

フジパン様、キッコーマン飲料様協賛で、もちうまオープンサンド作り教室を行いました!


豆乳で「まめまめミルクジャム」を作りフジパン様の本仕込に塗ってオープンサンド作り体験をしていただきました。豆乳を煮詰めるだけ!!手作りジャムを塗りお好みのフルーツ(今回は、みかん、ブルーベリー、パイナップル、白桃)をトッピングして召し上がって頂きました。豆乳をジャムにするという発想は新しく、みなさんに大変ご好評でした。
 

吉田image-96-2.jpg

フジパン本仕込は卵不使用のため、アレルギーのお子様も召し上がれます。また、みなさんに食パンの食べ比べをしてもらったところ、ほとんどの方が、本仕込を当てました!もちもち食感がたまらない!
 

吉田image-98-2.jpg

みなさん、豆乳は普段から取り入れていますか?

豆乳には「イソフラボン」といって、女性ホルモンと似た構造で更年期障害や閉経で女性ホルモンが減少した方におすすめです。骨を強くするだけでなく肌のハリを出してくれ、美肌効果もあるといわれています!また、豆乳には、「オリゴ糖」が含まれており、胃や十二指腸で消化されにくい性質なので腸に届き腸内で乳酸菌などの善玉菌の栄養源になると言われています。善玉菌がオリゴ糖を分解すると乳酸菌が発生し腸の活動を活発にしてくれるので便秘改善などの効果があると言われているんですよ!
 

吉田スクリーンショット 2019-08-21 11.46.48.png


体を作るために大切な栄養素、「たんぱく質」も含まれています!筋肉、皮膚、爪の栄養に必要不可欠です!血流を促進し、冷え肩こりなどを緩和してくれる「ビタミンE」や肥満予防、アレルギー症状を和らげると言われている「サポニン」も含まれているのでぜひ1日200ml取り入れていただきたいです!

みなさんから多かった疑問も載せておきますね!

Q1特濃調整豆乳と調整豆乳は何が違うの??
→大豆固形分の量が違います!特濃の方が大豆固形分の量が多いです!

Q2パンは冷凍しておける?
→パンは冷凍しておけます!品質はそこまで落ちません。保存する際は冷蔵よりも冷凍の方が良いです。

ぜひ次回のブログもお楽しみに!
この間のお休みにロイヤルパークホテルのブッフェを添えて笑
 

吉田image-281.jpg

180703_Sophia_349
 

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。 

8月31日は「野菜の日」きのこのもぎ取り体験に参加しよう!

  • 2019.08.07 Wednesday
  • 08:39

こんにちは!

ソフィアプロモーション管理栄養士の山田です。

暑い日が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしですか?

私は先日少し早めの夏休みを頂き、友人と伊勢志摩に旅行に行ってきました!

 

0809image-260.jpg

この頃はまだ梅雨が明ける前だったので、天気が心配でしたが…合間に晴れ間が見える時もあり、楽しい時間を過ごすことができました。

さて、今回は健康ブームで注目を集めている「まいたけ」についてお話ししたいと思います!

皆さんは普段、まいたけを召し上がりますか?

まいたけは炒め物や煮物、汁物など幅広い料理に活用する事ができ、万能な食材です!

そんなまいたけが健康ブーム注目された始めたのは、以下の効果があるとメディアで取り上げられたのがきっかけでした。

 

0809photo02.jpg

☆免疫力をキープ
まいたけに含まれているMDフラクションという成分には、免疫力を高める可能性があると言われており、かぜやインフルエンザを予防にも!

☆血糖値の上昇を緩やかに
食物繊維をが豊富に含まれているまいたけを食べると、血糖値の上昇が緩やかになると言われています。

☆毎日スッキリ
まいたけには、腸内環境のエサになる「水溶性食物繊維」と便のかさを増し腸管を刺激する「不溶性食物繊維」が両方含まれているため、便秘の予防・改善効果があると言われています。

☆健康長寿に
きのこの中でも、ビタミンDが多く含まれており、骨や筋肉の機能維持には欠かせない栄養成分です。

☆生活習慣予防に
食物繊維が豊富に含まれているため、血中の総コレステロールや中性脂肪などの増加が抑制される可能性があります。

暑い時期こそ、しっかりと栄養を摂ることが大切です。今年の夏はまいたけを食べて、猛暑を乗り越えましょう!

今回お話しした内容に加えて、実際にきのこのもぎ取り、試食なども体験する事ができる食育イベントについてお知らせします!

雪国まいたけ✖ソフィアプロモーションのコラボ企画!
 

0809CPJlnvHU8AAquTz.jpg

日時:2019年8月31日(土)
時間:11:00〜17:00(予定)
場所:イトーヨーカドー大宮宮原店
さいたま市北区宮原町1-854-1
フードコート前催事場
参加費:無料
持ち物:なし


8月31日は野菜の日です!是非遊びに来てくださいね!

 

次回8月16日のブログはお休みです。8月23日のブログを楽しみにお待ちください。

 

 

 

180703_Sophia_349
 

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM