外出自粛の今こそ手作りヨーグルトで腸内環境を整えよう!

  • 2020.05.15 Friday
  • 11:29

こんにちは!
ソフィアプロモーション栄養士の坂本です!

毎年楽しみにしているゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいましたね!
今年はSTAY HOME!ということで、みなさんいかがお過ごしだったのでしょうか?

私は、自家製ヨーグルト作りにハマってしまいました!

写真1image (18).jpg

みなさんもご存知の通り、新型コロナウイルスに打ち勝つためには、体の免疫力を高めることが何よりも大切です!適度な運動や十分な睡眠、バランスの摂れた食事!
 
特に腸内細菌のバランスは、全身の免疫に関わっています。腸内細菌のバランスが乱れると、感染症にかかりやすくなったり、さまざまな全身疾患が発症しやすくなるといわれています。

そこで、貪欲な私は…
せっかくヨーグルトを作るなら、ちょっとお高めなR1ヨーグルトを自宅で量産することにしました!

写真2.jpg

実は、昨年の誕生日に会社のメンバーから「ヨーグルトメーカー」を頂いたんです!
ガサゴソと取り出し…
説明書通りに牛乳500mlとヨーグルト菌となるR1ヨーグルト50mlをまぜまぜ…
ヨーグルトは固形でも液体でもOKです!
42度に設定してスイッチON!
あとは6時間待つだけ!



R1ヨーグルトの出来上がり✨

写真3image (21).jpg

しかし、私はここで大きな落とし穴に気づきました!
meiji公式HPのQ&Aでは、「プロビオヨーグルトR-1を種菌にしてヨーグルトを作ることができますか?」という質問に対し、ヨーグルトを作ることができますが、R-1の特徴である1073R-1乳酸菌が作り出すEPS(多糖体)の量は、原材料や発酵条件等により異なります。と答えています。また、一般家庭ではこの商品と同等量のEPS(多糖体)を作り出すことができないと考えられます。とも答えています。

さすがmeiji様!参りました…

R-1と同等の効果は期待できないにしても、ヨーグルトは発酵食品として腸内環境を整えるお手伝いをしてくれることは間違いなし!

★乳の力「命を育む栄養」
* 牛乳の栄養を受け継いでいる
* たんぱく質(必須アミノ酸) ⁄ 脂質 ⁄ 糖質(乳糖) ⁄ カルシウム
* 消化吸収が良い
* たんぱく質、カルシウム、脂質などが消化吸収されやすい形で存在している。
* 必須アミノ酸のバランスが良く、吸収されやすい

★ 菌の力「健康を守る」
* 腸内フローラ(腸内細菌叢)を改善する
* 善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスを整える
* 免疫機能への作用

★ 発酵の力「より有益な物質に」
* 栄養成分の消化・吸収性の向上
* 発酵による有益物質の産生
* 乳酸 ⁄ 酢酸 ⁄ バクテリオシン ⁄ 多糖体 など

私のオススメは、
寝る前にヨーグルトを食べることです!
夜は腸のゴールデンタイムと言われています。副交感神経の働きが活発となり、体内の善玉菌が増えやすくなります。また、睡眠を誘うメラトニンの分泌を促します。
しかし、寝る前のカロリーは気になるところなので、なるべくプレーンで食べることをオススメします♪

写真4image (22).jpg

ヨーグルトメーカーがない方でも、簡単に自宅でヨーグルトが作れるのでコチラを参考にしてください♪

【材料】
・成分無調整牛乳…1L
・R1ドリンクヨーグルト…1本
・お好みで砂糖…小さじ3
【作り方】
1.牛乳パックを開けずに、そのまま電子レンジ500w6分加熱する。
2.温まった牛乳パック開けて、R1ヨーグルト分の牛乳を除いて、R1ヨーグルトと砂糖を入れてよく混ぜる。
3.耐熱容器(麦茶ポットなど)に熱湯を入れて、2の牛乳と一緒に保温バック入れる。
4.適当な時間(1〜2時間)で耐熱容器のお湯を熱湯に取り替えながら、6時間放置する。
5.完成したら、冷蔵庫でよく冷やして召し上がってください。

外出自粛の中で、思うように運動が出来ず便秘に悩まされている方も多いと聞きます。適度にストレッチなど取り入れながら、食事で栄養を補い腸内環境を整えていきましょう!

  • 0
    • -
    • -
    • -