世界一静かなスターバックスと判断力

  • 2020.02.14 Friday
  • 10:46

こんにちは。ソフィアプロモーションの石垣桃子です。

 

日本のスターバックスの店舗で、かわいい手話の手書きスタンドをみつけました。

日本でも耳の不自由なスタッフさんが店舗で活躍されていますが、マレーシアのクアラルンプールでは1号店として、聴覚障がいがあるスタッフ達で運営されるお店が「世界一静かなスターバックス」として知られています。聴覚障がいのある労働者の雇用に取り組むこの場では、会話の大体が手話で行なわれているせいか、店内はとても静か。

耳の不自由なスタッフ達が、笑顔で心を通わせて働くこのような素敵な場所が日本にもできたらいいなぁと思います(^^)今週は、手話のように「目に入った情報をもとに身体が動くこと」を少し深掘りします。

目からの情報は、神経を通って脳に伝えられ、脳で情報処理された後、また神経を通って筋肉に指令を出すことで身体が動きます。

神経からは、”神経伝達物質”(黄色い部分)が情報を脳に伝えることで、筋肉が動きます。

私たちの身体は、食べたものからできている。というように、神経伝達物質の材料ももちろん食べ物からできています。

神経伝達物質の流れが正常に働いていることが、判断力の正確さにつながります。

 

🌱判断力を高めるオススメ食材🌱

 

大豆

 

大豆に含まれるレシチンは、神経の伝達に活躍すると言われています。ひじき煮に入れるも良し。ミネストローネに入れるのも良し。大豆がオススメ食材です。大豆のレシチンは、葉酸と一緒に摂ることでさらに働きを活性化します。葉酸は、野菜に多く含まれているので、野菜と一緒に摂ることがいいでしょう😊

 

「ほうれん草とベーコンのバター炒め」に大豆をプラス!

「ほうれん草と納豆のオムレツ」もいいですね!

ほうれん草は、野菜のなかでも葉酸が特に多い食材です。ほうれん草の他には、大豆サラダなんかもいいでしょう😊これらのオススメメニューは、神経の伝達をスムーズにする元となり、判断力の高さに貢献されます。判断力は、仕事に限らず様々な面で必要な力ですよね。参考にしてみてください♪

 

今週も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

  • 0
    • -
    • -
    • -