豊洲市場で小学生親子食育体験イベント

  • 2020.03.13 Friday
  • 14:21

こんにちは。

ソフィアプロモーション管理栄養士の石垣桃子です。

 

先日、東京の豊洲市場を会場に、魚セッション・市場見学ツアー&調理体験および座学を通して、食育を学ぶイベントが開催されました。現在の豊洲市場はコロナウイルスの影響で閑散としてしまっているようですが、幸いにもイベントはその前に開催することができました。

 

【魚セッション・市場ツアー🐟】

水産卸売業者 丸千千代田水産の曽根隆政さんと、農林水産省に勤務する食体験コーディネーター鶴岡佳則さんによるお魚セッション。マグロセリが行なわれている水産卸売場棟の市場ツアーを巡りながら魚の目利き、豊洲市場ならではのポイント解説とあわせて流通や安全性について学びました。

【調理体験】

豊洲市場で仕入れた食材を使ったメニューを調理!こちらは私が担当させていただきました♪

日清ヘルシーオフを使用したさくさく鮭フライ

 

丸千千代田水産さんより、鮭をご提供いただきました!こんなに立派な鮭は簡単には手に入れられません…。

日清ヘルシーオフは揚げ物の吸収量を最大20%抑えられて、カラッと油切れよく仕上がりました😊豊洲で仕入れた立派な鮭の良さを強調するためにソースはなし。下味をしっかりつけ、新鮮な油で揚げることで鮭の美味しさが際立ちます✨

 

★日清かけて香る純正ごま油を使用した華きんぴらごぼうサラダ

美味しい秘密は「味」だけでしょうか❓私たちが美味しいと感じるのは、味だけではありません。「ジューッ」とフライパンで炒める音、香り、見た目など、5感を使った様々な要因によって、「美味しい」につながります。

華きんぴらごぼうサラダでは、サラダ菜を器に敷いてから、上にごまと一味を振って彩りよく。食べる直前にごま油をひと回しして香りよく。盛り付けによる料理の見た目の美味しさを体験してもらいました。サラダ菜できんぴらごぼうを隠して宝石箱のようにしている男の子も✨😆

★日清アマニ油を使用した豆腐たっぷり白玉ぜんざい

白玉粉と絹豆腐を1:1の割合で混ぜてぜんざいを作りました。朝が忙しいと、朝ごはんにタンパク源を取れなかったりすることもあり、1日の全体的なタンパク質は年齢問わず足りていないひとがたくさん。デザートにタンパク源のお豆腐をたくさん使いました😊

お豆腐で作ると、白玉が覚めても固くならないというメリットも✨白玉の形をハートや星、手裏剣、サイコロに作ってMY白玉の完成です( ^^ )!

 

しらすごはん

春日部野口農園さんのこしひかりを使用。丸千千代田水産さんから立派なしらすをご提供いただき、しらすごはんにしました。しらすごはんにごま油を少しかけると美味しさアップ!お米が美味しすぎて4杯食べる人も(笑)参加者からも運営者からも大人気のお米でした。

 

【食育座学】

鶴岡佳則講師からは匂い当てクイズと地産地消についての食育座学。コップに入れた食べ物を、香りを嗅いで当てるゲームでは、「しめじ」の正解を導くのにみなさん苦戦しました😮香りを嗅ぐことは、食の安全と生命を守る大切な感覚です。嗅覚は鍛えられるので、日々の生活で意識して使おう!と教えていただきました。

今回使った油について、管理栄養士ブログ1月24日更新の「油の種類は6種類 油のおはなし」にも少し詳しく載っています😊また、今回のブログのような食育イベントなどの様子は、食育のメディア「食めぐ」でも様々な食めぐメンバーの投稿から見ることができます。「みんなで広げる食育」をテーマにみんなで食育を実践できるといいです✨豊洲市場も、以前の活気ある場に戻りますように。

 

今週も最後まで読んでいただきありがとうございます♪