こんにちは!ソフィアプロモーション管理栄養士の早川です!

出身は岐阜県、美味しいものを食べることが大好きです!

わたしの故郷、岐阜県の美味しいものといえば...

朴葉味噌!鶏ちゃん!五平餅!
 

早川ほうばみそ.jpg

早川五平餅.jpg

この3つの共通点は

「味噌!」

一口に味噌と言っても原料や発酵の条件、出来上がりの色などによっていくつかの種類に分けられます!味噌の原料は畑の肉ともいわれる大豆です!

早川味噌.jpg

大豆と塩を原料に作られるのが豆味噌で、そこに米、麦を加えたのがそれぞれ米味噌、麦味噌です。

現在国内で生産されている味噌の8割が米味噌ですが、私の故郷、愛知、岐阜、三重などの東海地域では豆味噌が多く出回っています!また、食塩や麹の量により甘口と辛口、色により淡色や赤色などの種類もあります。

地域や家庭によって味の違う伝統的な調味料、味噌ですが気をつけなければならないのが塩分です!

日本人の食事摂取基準によると、1日の目標量は成人男性8g未満、女性7g未満となっています。食塩摂取量の平均は9〜11gと言われており、年々減少はしているものの、塩分摂り過ぎと言えます!

実は種類によって、味噌の塩分量が違うのはご存知ですか?

一般的に、

赤色の米味噌

淡色の米味噌

豆味噌

麦味噌の順に塩分が多く含まれています。


いつもと種類の違うお味噌を買ったのに、同じ量で味噌汁をつくってしまうと、なんだか味が濃い!薄い!といったことになってしまいますので注意が必要ですね!

塩分の摂りすぎはには気をつけたいけど、味の薄いお味噌汁ってあまり美味しくないですよね・・・

そこで!美味しく塩分控えめなお味噌汁のポイントを教えます!

とにかく

具沢山!&汁少なめで作ってください!

早川味噌汁.jpg

これからの時期はさつまいもやきのこをたっぷり入れても美味しいですよね!優秀な調味料のお味噌、塩分の摂りすぎに注意して上手なお付合いをしていきましょう!

これからの季節、さんまやマツタケ、りんごや梨など美味しいものがたくさんでてきます!「食による健康」を意識して秋の味覚を楽しみましょう♩

次回のブログも楽しみにしてくださいね!

 

 

180703_Sophia_349
 

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。