鯖缶を食べると痩せる!管理栄養士が教えます!

  • 2019.03.01 Friday
  • 14:24

こんにちは!
ソフィアプロモーション管理栄養士の山田菜月です。

先月冬期休暇を頂いた際に、金沢に旅行に行ってきました!
 

0301image-969.jpg

雪の兼六園や新鮮な海鮮など

その土地ならではの感動にたくさん出会うことができました!
 

0301image-970.jpg
 

0301image-971.jpg

今年はさらに色んな場所に出掛けて、自分の感性を磨いていきたいと思います。

さて、今回はメディアで注目を集めている

「鯖缶」についてお話ししたいと思います!

テレビで放送されるや否やスーパーの棚から鯖缶が消える、といわれているほどブームとなっていますが、そもそもなぜここまで人気が出たのでしょうか?

ブームのきっかけとなったのは、2013年にあるテレビ番組で、

鯖缶を食べると痩せる!

という噂が紹介されたことがきっかけだそうです。

ではなぜ鯖缶を食べると痩せるといわれてるのでしょうか?

 



鯖缶(水煮)は、茹でてから缶詰されるのではなく、生のまま缶に詰められ、圧力釜で熱処理をされます。

そのため通常茹でると流れてしまう水溶性栄養分や、オメガ3と呼ばれるよう良質な油(EPAやDHA)が流れることなくまるごと摂取することができます。

また、鯖はDHAやEPAなどの栄養素の含有量が青魚の中でトップクラスです。

これらの油は、中性脂肪を減らし、動脈硬化のリスクを防ぐ働きがあると言われています。さらに血流を改善することでお肌の新陳代謝を活性化させる働きもあると言われています。

つまり、生活習慣病の予防になり、なおかつアンチエイジングにもなるという嬉しい栄養素なのです!!

特に水煮は、味噌煮と比べると塩分が控えめのため、調理する際にもアレンジが効くということから今でも人気だそうです。

調理をする際は、先ほどもお話ししたように、煮汁に栄養がたくさん詰まっているので捨てずに使ってくださいね!

実は、私も学生の頃に缶詰を作ったことがあります。実際に魚をさばくところから、蓋をするまで全て行いました。

今思えば、とっても貴重な体験だったと思います!

ぜひ皆さんも、こんばんのお夕飯に鯖はいかがでしょうか??

 

180703_Sophia_349
 

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。