管理栄養士 佐野愛梨「低温調理」USMEF(米国食肉輸出連合会)

  • 2018.04.06 Friday
  • 09:44

こんにちは!
ソフィアプロモーション管理栄養士の佐野愛梨です。
私もついに、社会人2年目に突入です!
先日から新入社員も9人、入社いたしました!
すっかりキラキラ感がなくなったわたくしですが・・・(笑)
少しでも・・・頼られる先輩になるように頑張ります✨

さてさて、今回は前回に引き続き「低温調理」についてお話ししちゃいたいと思います!トレンドになりつつある「低温調理」ですがソフィアでも全国各地で勉強会・試食会を行っております。


首都圏では3月13日、江上料理学院様で

ソフィアのPRスタッフ向けにアメリカンミート・低温調理の研修会を行いました!


当日は管理栄養士の徳永にも手伝ってもらいました(右)


集まっていただいたPRスタッフさんは15名。
いつもソフィアで活動してくださっているスタッフさん達です♪
皆さん普段から業務でお肉を取り扱っているだけあって研修会の内容に興味津々の様子。

0406image-279.jpg
まずは、USMEF(米国食肉輸出連合会)の加藤様より低温調理について説明!

 

低温調理ブームから、UMAMI家電が発売されていることや、低温調理のメリットなどをスライドを使用してご説明されました♪低温調理は水分を内部に保持したまま調理するのでお肉が固くならず柔らかく、よりジューシーに仕上がることがメリットですよね!さらに、より柔らかくジューシーに仕上がる「アメリカンポークの簡単低温調理」を推進しており、実際にUSMEF様のホームページに載っている「ローストポーク」、「トンテキ」、「しゃぶしゃぶ」、「生姜焼き」を動画と共にご紹介!しかし、実際にお肉がピンクだけど大丈夫なの?!と不安視する声も上がりましたが・・・肉の中心温度が厚生労働省が定めた温度(75℃で1分もしくは63℃で30分以上)であれば問題ないと科学的に実証されているということをグラフを見せながら紹介。実際に低温調理でも安全!ということが分かりました◎

一通り説明が終わった後は、

ソフィア管理栄養士の笹川(右)と私による「低温調理」を実際に目の前で実施!

 

0407image-282.jpg
今回は生姜焼き、しゃぶしゃぶ、トンテキ、トンカツの4種類を調理しました♪

 

調理は意外と簡単で、ポイントは弱火にすること!実際に試食販売の際に使用するホットプレートを使用して調理を行いました。実際に調理した豚肉を切ってみると、中が綺麗な桜色!これにはスタッフさんからも「おお〜!」と歓声が上がりました♪

 

0406image-280.jpg

この色でも食べていいんだ!と驚きの声も。

調理をしながらUSポークの栄養面についても説明!

USポークは国産豚よりも低脂肪で低カロリーなのでがっつりお肉が食べたい・・・でも脂肪、カロリーがきになる・・・といった時にオススメですよ♪カリウムも多く入っているので日本人が取りがちなナトリウムの排出も促してくれます!

 


そしてそして、実際にスタッフさん達にも通常調理と低温調理で作ったお肉を食べ比べ!

「お楽しみの時間ですね!」

初めて食べる低温調理のお肉にスタッフさんからは「本当に柔らかい」「おいしい」など様々な声をいただきました。

ポークの後はアメリカンビーフについてUSMEF(米国食肉輸出連合会)笠谷様よりご説明がありました。アメリカンビーフの美味しさは100%穀物飼育がジューシーさの理由であることや、オージービーフや国産牛との飼育方法の違いのご説明をしていただけました。

 

2018年は食べ応え抜群の1ポンドステーキを推していくとのことで実際にわたくしが1ポンドステーキを焼いてみました!脂肪分が少ないので意外と食べれちゃいます!1ポンド=454gなのですが、肉をより肉らしく、一人でも家族でも楽しめるというお話をいただきました♪

 

0406image-281.jpg
研修会が進むにつれ、スタッフさんからは多くの質問をいただくように♪
アメリカンポーク、ビーフについて多くの疑問を解決!なかなか実際に聞くことができない疑問も聞くことができるので今度のお仕事にも役立つことができます!

スタッフさん達からは、

「参加してよかった」

「試食だけでなく自宅でもやってみたい!」

「低温調理について詳しく知ることができた!」

など感想をいただき研修会は無事終了◎

実際に食べてみると、お肉の違いがとてもわかります、断然柔らかいです!

ぜひこのブログを読んでくださっている皆様にも低温調理をチャレンジして頂ければと思います!

今後ソフィアでは米国食肉輸出連合会と連携し、店頭から「低温調理」レシピの試食会を実施していく予定です。
今週は、北海道出張でUSMEF様と一緒にマックスバリュー北海道様向けに「低温調理」の提案に行ってきます!次回のブログでまた様子をアップさせていただきます!

 

 

 

最後に!
今週の食ネタをお届けします!

 

 

こんにちは!
食育担当の松林です。
今回ご紹介する食ネタは、名古屋営業所 食育インストラクターの一原です!

 

 

 

 

ご飯をたくさん食べることを「たらふく食べる」といいますが
この語源は魚の鱈からきており、漢字では「鱈の腹」と書きます。
鱈は雑食でどんなものでも食べてしまううえに、自分の体の3分の2にほどの大きさがある魚を食べてしまうこともあるようです。
その姿から「たらふく食べる」という言葉が生まれました!

 

 

一原さん!ありがとうございました!
食育インストラクターならではの”豆知識”ですね!

 

 

 

 

お客様1人1人の満足のために!
みんなと共に食育を広めたいスタッフも募集

〜店頭の食育販促のご相談〜
食育活動推進協会 03-3280-4919(みんなに広まる食育)

 

ソフィアNEWSのブログも是非読んでくださいね!

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM