管理栄養士 笹川真緒「パレルモ」レシピの作り方!

  • 2018.03.30 Friday
  • 13:22

こんにちは!
ソフィアプロモーション管理栄養士の笹川真緒です。

 

0330image-274.jpg
最近は暖かくなり、外でタピオカが飲めるようになりました(笑)
管理栄養士佐野(左)・管理栄養士徳永(中)・私(右)
恵比寿のジ・アレイ ルージャオシャンのタピオカは美味しいですよ!

まもなく入社2年目を迎えます。
4月2日からは9名の管理栄養士・栄養士の新入社員が入社してきますので、今からすごく楽しみにしております。

この1年間たくさんの試食レシピを作ってきましたが、今回のブログでは一番印象に残っているレシピについて書きたいと思います。

私の営業担当先、青果物専門商社である株式会社ワタリ様は、生産地と消費地を結ぶコーディネーターとして「お客さまに美味しく最後まで食べきれる商品を流通販売する」をポリシーに、美味しく安心安全で高品質な青果物をお届けしています。このワタリ様から新店のヤオコー東松山新宿町店でのご依頼で試食のメニューを提案してほしいと要望がありました。

食材は・・・

「パレルモ」

国内の流通量は少なく、皆さんの中でも召し上がったことがある方は少ない食材だと思います。私も名前は聞いたことはあるものの、私も食べたことがありませんでした。

 

03304209ea295adf.jpg


まずは知らない方のために「パレルモ」について説明しますね!
パレルモという名前はイタリアのシチリア島北西部の都市にちなんで付けられたと言われています。長さが20センチ前後で唐辛子に見た目は似ていますが、味はパプリカに似ています。
糖度も高く、噛んだ時に甘みが口に広がります。
赤以外にも黄色やオレンジとカラフルな野菜なので彩りとして使うにはピッタリです!

●パレルモの栄養


赤や黄色、オレンジの色素はβカロテン系です。βカロテンは私たちの体でビタミンAとして粘膜の強化に働きます。βカロテンは油と一緒に摂取すると吸収率が高まりますので、パレルモも一度炒めることで甘みも増し、栄養素の吸収率もアップします!またビタミンCも豊富で美肌効果も期待ができます。ビタミンCは白血球を強化する効果もあるので免疫力を高め風邪予防にも効果的です。
他にも若返りのビタミンとも呼ばれるビタミンEも豊富です!ビタミンEは抗酸化作用があると言われています。

 

今回の試食レシピで大切にしたこと!

0330image-271.jpg

「パレルモの素材の美味しさを知ってもらうこと!」

多くの方にとって生まれて初めて食べる食材になります。味覚の趣向はあるものの、まずは最大限素材の美味しさを引き出せるレシピにしようと思いました。悩んだのが「生」「加熱」どちらにしようか、、、
これまでの店頭の経験から、消費者の方は「生」の方に興味を持ってもらいやすいことを知っていました。

何度も試行錯誤して
「素焼き」に決めました!

パレルモは生でも美味しいのですが、火を通すことでより甘みが増すので、この味わいこそ皆さんに伝えたいと思い「加熱」メニューに決定!さらに材料を4つに絞って、ご自宅でも作りやすい「パレルモの簡単マリネ」を提案しました。

試食レシピの場合、私が大切にしているのは、簡単かつ素材の美味しさが伝わるもの、買い揃えなくてもご自宅にある食材を使うことです!

●パレルモの簡単マリネ

材料
パレルモ
ツナ缶
塩昆布
レモン汁

 

0330879e7170d8589f42.jpg

作り方
1、輪切りにしたパレルモを軽く素焼きする
2、パレルモと残りを材料を混ぜ合わせていく
3、30分ほど冷蔵庫で冷やしたら完成

パレルモは細長いのが特徴なので大きめな輪切りか細切りにすることのがおススメです。

当日はさらに栄養メニュー提案として、下記のレシピも提案!

 

0330image-273.jpg
ツナトーストパレルモ乗せ!

 

0330image-272.jpg
パレルモの肉詰め!

当日はたくさんのお客様に「甘みが美味しい」「早速家で作ってみたい」と喜んでいただきました!

これからの季節にはバーベキューにパレルモを取り入れてみるのもおススメです!
最近は「パレルモ」を扱う量販店も増えているので是非一度売り場をチェックしてくださいね!

 

 

そして最後に!

今週の食ネタ披露!
こんにちは!
食育担当の松林です!
今回紹介するのは、食育インストラクター新宿営業所の原田翔です!


0914image(337)

趣味はテニス♪ソフィアのムードメーカー!

 

蜂蜜は3000年以上腐らないってご存知でしたか?
糖度が高く、水分量が少ないのでバクテリアやカビが繁殖しにくいんです。白くなって固まってしまうことがあるが、決して蜂蜜が悪くなったわけではないので、容器ごとお湯(40℃~50℃)でかき混ぜながらあたためると復活します!
蜂蜜は長く置いておくと甘味や風味がやや薄れるが、健康面ではまったく問題なし。ちゃんとふたを閉めて、室温で直接日光が当たらない場所に保管しておけば、長い間品質を保っておけます。夏場でも冷蔵庫に入れる必要はありません(むしろ入れない方がベター)

 

ありがとうございました!

1日1食は蜂蜜メニューを食べる原田の食ネタでした!
来週もお楽しみにどうぞ!

 

 

 

 

お客様1人1人の満足のために!
みんなと共に食育を広めたいスタッフも募集

〜店頭の食育販促のご相談〜
食育活動推進協会 03-3280-4919(みんなに広まる食育)

 

ソフィアNEWSのブログも是非読んでくださいね!

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM