管理栄養士「頭の良くなる食べ物!?」教えます!

  • 2018.01.26 Friday
  • 13:12

こんにちは!
ソフィアプロモーション管理栄養士の佐野愛梨です。

 

0126image-178.jpg
2018年になりまして、私達は年女となりました!笑
今年も頑張っていきますのでよろしくお願いします!
写真は私達が戌年だったので犬と撮ってみました!

(管理栄養士 笹川真緒/写真右) 

 

 

さて、最近話題の「ブレインフード」という言葉をご存知ですか?
脳の力をアップさせる食事については、日本だけでなくさまざまな国で注目されています。食べ物が脳に及ぼす効果の研究はまだ始まったばかりなので、詳しくは解明されていないことも多くありますが、いくつかの食品が脳によい影響を及ぼすことがわかってきています。そしてこれらの食品が「ブレインフード」と呼ばれ、注目されています。

 

01266.jpg

今回は、脳の機能を高めてくれる「ブレインフード」として注目されている食品とレシピ、脳と食事の関係についてご紹介します。

 

〜脳の働きを知っておこう〜

 

脳の重量は体重の1/40ですが、身体が必要なエネルギーの1/5を消費しています。
脳のエネルギー源となるブドウ糖は、ほとんど貯蔵ができないので一日3回の食事で摂取しないと脳の働きが悪くなり、思考力や集中力が低下してしまう。頭をつかう作業をした後、甘いものが欲しい!と思ったことがある方も多いのでは?これは脳の血液中のブドウ糖が減って身体がエネルギー源となるブドウ糖を求めているから。この際少量の糖質を補給すると、一時的に疲労が回復し集中力も高めてくれます。ただし摂り過ぎは急激に血糖値を上げる事になり、その後急激に血糖値を下げようと働くことで余計に疲れを感じやすくなってしまいますので、注意しましょう。

 

 

ブレインフードのはじまり

 

人類がブレインフードという言葉を最初に使ったのはいつなのか、よく分かっていませんが、人々がこの言葉をよく口にするようになったのは、21世紀に入ってからです。

2003年に WHO(世界保健機関)が、「食事の善し悪しで、人間の知的生産性は大きく違ってくる」というレポートを出しています。

WHO はまた、人間の知的生産性を高める食材として


ナッツ類(クルミ、アーモンドなど)
チョコレート(カカオ)

の3つをノミネートしました。
いわば、「世界3大ブレインフード」というわけです。その後、多くの科学者が「食と脳の関係」「栄養素と脳の関係」についてさかんに研究を始めます。

 

0126img04.jpg


これ以外にも、

アボカド
カキ
タマゴ
セロリ
ビーツ
ウコン
などが人間の知的生産性を高めたり脳の健康維持に役立ったりする食材として、疫学研究が進められています。
 

「ブレインフード」を取り入れるには?

 

0126b9d1af66.jpg

毎日の料理にこれらの食材を取り入れることが理想ですが、まずは肉中心の食生活を週に1度は青魚にしてみたり、納豆や豆腐などの大豆製品やナッツ類を積極的に加えてみたりすることから始めましょう。

 

今回は、手軽に作れるブレインフードを使ったおすすめメニューを2品ご紹介します。

 

☆ゴールデンミルクを作ってみよう!

 

0126ilk.jpg
 

作り方は簡単!アーモンドミルクにウコンのパウダーを混ぜるだけ!

アーモンドもウコンもブレインフードであることから、健康志向の高いニューヨークの人々に愛飲されています。
黄色がとても鮮やかなため「ゴールデンミルク」という名前がついています。

 

0126image-175.jpg
私のオススメは筑波乳業様の「濃いアーモンドミルク」
コクもあって店頭でも話題の製品です♪

 

☆黄金くるみサラダ

 

 

01266_0_0.jpg
くるみには、様々な栄養が含まれています。ビタミン・ミネラルはもちろん、オメガ3脂肪酸も入ってます。このオメガ3脂肪酸が、実は脳にとってもいいんです♪

オメガ3脂肪酸、なんだかなじみのない名前・・・。でも、DHAやEPAなら知ってる!!そう、DHAもEPAもオメガ3脂肪酸の仲間です!オメガ3脂肪酸は、脳で情報を伝える神経細胞を作るのに必要で、胞の膜に含まれています。そして、神経細胞をつなぐ部分にも必要です。脳の働きを良くするには、神経細胞のつなぎ目(シナプス)がよりスムーズに働く方が、情報の伝わり方もいいんです♪オメガ3脂肪酸が不足すると・・・神経細胞やシナプスの働きも鈍ってしまいます。考える力、記憶力など、脳の働きも低下しちゃいます。

 

0126ing_pc.jpg
くるみをサラダに入れると食感も楽しめるし、さらに日本製粉様の「アマニ油」ドレッシングと合わせるのがオススメです!
アマニ油にもオメガ3脂肪酸をたっぷり含みますので、最高のペアリングです!

 

0126image-177.jpg
アマニ油はお魚・お肉のドレッシングとしてもピッタリです!

 

0126image-176.jpg
イトーヨーカドーあべの店様×日本製粉×ソフィアプロモーション
「アマニ油食育販促」の様子。ソフィア食育インストラクター(写真右)

 

食べ物は薬ではないので、ブレインフードや栄養価の高い食事をとったからといって、一回ですぐに体や脳が変わるわけではありません。それだけでなく、せっかく栄養価の高い食事をとったとしても、日ごろの栄養バランスが悪いと、栄養が体内に吸収されづらい体になっている可能性もあるのです。そこでまずは日ごろからバランスの良い食事をすることが重要となります。

ブレインフードはまだまだ奥が深いので、またの機会に続編を書きたいと思います。楽しみにしていてくださいね!

 

 

お客様1人1人の満足のために!
みんなと共に食育を広めたいスタッフも募集

〜店頭の食育販促のご相談〜
食育活動推進協会 03-3280-4919(みんなに広まる食育)

 

ソフィアNEWSのブログも是非読んでくださいね!

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM