こんにちは。

ソフィアプロモーション食めぐ編集部の石垣桃子(左)です。

普段は管理栄養士として、日々活動をしております。

これからこの管理栄養士ブログを担当させていただく事になりました。

よろしくお願いします!

 

写真右は食育スペシャリスト中村詩織さん。

 

私の今月の楽しみは11月22〜24日に開催される、全世界空手道選手権大会を見に行く事!

極真会館が主催する4年に一度、体重無差別の『空手世界一』を決める直接打撃制空手最高峰の大会。

世界各国・各地域から選抜された男子166名・女子34名の計200名の選手が出場し、トーナメント形式で優勝を争います!

改定I.K.O.フルコンタクトルールの下で初めて開催される「無差別世界大会」で、選手たちがどのような戦いを見せるのか大いに注目です!

 

 

そんな私が所属するソフィアプロモーションでは、「みんなで広げる食育」を大きなテーマにいくつかの事業を行っています。

今回のブログではその中でも、私が担当している食育のメディア”食めぐ”についてご紹介します( ^^ )!

 

私は、”食めぐ”が大好きなのですが、その理由を私の食への想いを交えながら3つ発表いたします!

 

一つ目、「食に関心のある人が誰でも使える」

食めぐは、食育活動を発信するメディアです。

私がこの会社に入った理由の一つに、食育が”広がる活動がしたい!という想いがあります。生活の基盤である「食」を支える仕事をする事で、社会で働く様々な人の仕事や夢を支える事ができると考えていて、それが実現可能な「食育」を通して社会貢献したい!と

学生時代に強く思っていました。

 

食めぐはメディアでありながら、食に興味関心がある人なら誰でも無料で記事を投稿できるんです。

私が食育を大切にしているのと同じように、食育を大切に思い、心を込めて食育を実施している全国の人がその活動を世に発信できることが魅力だなと感じています。

 

 

二つ目、「食育には親和性がある」

 

食育とは、様々な経験を通じて「」に関する知識と「」を選択する力を習得し、健全な生活を実践することができる人間を育てること。

食育推進活動はそれをあらゆる形で実行することです。

 

食めぐの運営を日々やっていると、食育の親和性を日々実感します。

例えば、食育インストラクターの方の食育活動をフードコーディネーターが賞賛したり、

離乳所アドバイザーの食育活動を管理栄養士が応援していたり…。

 

写真は、NIPPONおからプロジェクト/おから研究家高橋典子さんのおからをたくさん使ったお菓子の販売をお手伝いさせてもらったものです。

 

全国の様々な人の食育推進活動をそれぞれが評価しあえるコミュニケーションの場になっている所がとっても気に入っています♪

 

三つ目、「食育仲間がどんどん増える」

 

これは、地震の被災があった陸前高田の復興を発酵で叶えようと活動をする仲間の写真です。

私は、食育推進活動が大好きです。

管理栄養士を取得したのは栄養学の世界に興味があったから。

今は、管理栄養士・食品衛生管理者・食品衛生管理者・食育インストラクター・健康管理能力検定2級の資格を持ち、これらを生かして活動しています。

食めぐを通して、様々な食育推進活動をしていたら仲間がどんどん増えていきました!

 

仲間には資格を持つ人も、そうでない人もたくさんいます。

食べるもの・食べることに興味関心がある人が親和性を持ってその和を広げていっている事が好きな理由の一つ。

…とこんな感じで以上が私が食めぐが大好きな理由でした⭐

良かったら食めぐサイトを見てみてくださいね!

 

 

さて、肝心のこちらの管理栄養士ブログでは

私がこの会社に入社した理由にもあります、”食べ物と体に関する正しい情報を発信すること”を実現するために毎週楽しいネタをお届けします( ^^ )♪

 

次週は『サバ缶で花粉症対策』!鯖缶を食べて花粉症のピークに備えませんか?!

次回のブログをお楽しみに〜!

 

1