今が旬「桜餅・あさり」食による健康

  • 2019.04.19 Friday
  • 10:23

こんにちは!
ソフィアプロモーション管理栄養士の佐藤です。

4月になって急に暖かくなったと思えば急に雪が降ったりと不思議な天気が続いていますが、私の家の目の前にある桜が綺麗に咲いていて毎朝春を感じています。

 

0419image-1256.jpg

春といえばこの時期になるとさくら味の〇〇を街中でよく見かけますよね?
でも結局さくら味って何?と聞かれるとなかなか答えるのが難しいと思います。
そこで今回はさくら味についてお話ししたいと思います!

さくら味の代表といえば桜餅!

0419image-1257.jpg


ピンク色のお餅から桜のいい香りが広がってきますね!


この香りの正体は「クマリン」という成分だそうで、桜の葉に含まれています。葉が乾燥した状態だと香りが強すぎるらしく葉を塩漬けにするのが一般的なようです。「クマリン」の働きとしては血行を良くしたり、むくみの解消、老化を防止するといった効果があると言われています。そのため、冷え性の方むくみがきになるという方にはオススメの栄養素です。桜の葉以外だとにんじんや柑橘類にも含まれています。

しかしこの「クマリン」には気をつけなければならない点もあります。


「クマリン」は摂りすぎると肝臓や腎臓を痛めてしまう恐れがあるので1日にたくさん摂るのではなく少しの量を継続的に摂ることをオススメします!

ここからは私の最近の仕事の様子をお話しさせていただきます。


以前から取引のある茨城水産という魚介類を扱うメーカー様からご依頼を頂き、4月から福島県に本部があるマルトという量販店で食相談を合わせた実演販売を実施させていただいています。

0419image-1259.jpg


今回は旬の食材を使用するというのをテーマにメニュー提案から企画内容まで一任していただきました。第1回はあさりを使用して普段と違ったあさりの活用ということで、あさりのあさりを使用したきな粉ポタージュと炊飯器で簡単にできるピラフをお客様の前で作って試食していただきました。

マルト塙山店様3.jpg

マルト塙山店様5.jpg
マルト塙山店様6.jpg
いつも和食で使われがちなあさりを洋食のレシピで提案させていただいたので、「家でやってみたい!」と好評でした。ぜひ試してみてください!これからも「食による健康」の知識をたくさんの方にお伝えしたいと思います。

180703_Sophia_349
 

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。 

食・健康に「香り」のチカラを活かしてみよう!

  • 2019.04.12 Friday
  • 10:07

こんにちは!
ソフィアプロモーション管理栄養士の瓦林です。

先日、お花見に行ってきました🌸
ちょうど満開の季節だったのでたくさん歩いて自然を感じてリフレッシュになりました♩

桜の香りに包まれると、自然と幸せな気持ちになります。

香りって不思議な力を持っていますよね?

香ばしいコーヒーや紅茶を飲むとき香りを嗅ぐと時の流れがゆったりと感じられます。食事の面でも香りの役割はとても重要です。食欲を増進させたり、食欲を抑制したりと香りには様々な役割があります。

そんな不思議な力も持つ香りと身体との
関わりについて今回はお話したいと思います!

★香りが身体に作用するしくみ

0411image-1214.jpg


香りをキャッチするのは、鼻の奥にある嗅細胞です。ここで香りの情報は電気信号に変換され、間脳にある視床下部へと伝達されま、す。視床下部は自律神経、ホルモンの分泌、免疫系などを統括する生命活動のいわば司令塔。ここに届いた香りの情報が全身に働きかけます。

★知っておきたい香りの7つのグループ


数ある香りの中から今の自分にピッタリな香りを選びましょう!

*柑橘系

0411image-1215.jpg


シトラス系ともいわれ、主に果物の皮から抽出されます。柑橘類のさわやかでみずみずしい香りが特徴です。また「リモネン」という成分が含まれており、「リモネン」にはリンパの循環を良くする効果があり、むくみ防止につながるそうです。


「主なもの」
オレンジ・スイート、グレープフルーツ・レモングラスなど



*フローラル系

0411image-1216.jpg


主に花から抽出されローズやジャスミンのように採取できる量が少なく高価なもの。華やかで甘くやさしい香りがします。神経の緊張や不安を和らげる働きがあります。また気分をゆったりとさせるのでリラックス効果に期待ができます。


「主なもの」
ラベンダー、カモミール、ローマン、ローズなど



*エキゾチック系

0411image-1217.jpg
個性にあふれる魅惑的な香り。東洋的でミステリアスな雰囲気を有することからオリエンタル系と呼ばれることも。気持ちを穏やかにし、判断力を高める効果が。筋肉痛や腰痛を改善する効果があるとも言われています。


「主なもの」
イランイラン、サンダルウッド、パチュリなど



*樹脂系

0411image-1218.jpg
文字通り樹脂から抽出され甘く重厚な香りを待っています。少量でも長く香りを楽しめるものが多くあります。古くから樹脂の香りには感情を落ち着かせて、明るくほんわりとした気分にする効果があると言われています。


「主なもの」
フランキンセンス、ベンゾイン・レジノイドなど



*スパイス系

0411image-1219.jpg
主に香辛料にも使われる植物から抽出されスパイシーな香りが特徴です。刺激が強いものが多いので、集中的に勉強や仕事に取り組みたいときなどにオススメです。また、食欲を増進させる効果があります!


「主なもの」
コリアンダー、ジンジャー、ブラックペッパーなど



*樹木系

0411image-1220.jpg


樹木の葉や小枝、樹皮などから抽出されます。まるで森林浴をしているかのようなフレッシュで清涼感のある香りです。代表的なヒノキの香りにはせきや気管支炎の症状を和らげたり、PMSや更年期トラブルにも有効な効果が期待できます。


「主なもの」
シダーウッド、ジュニパー、ティーツリーなど



*ハーブ系

0411image-1221.jpg


ハーブの花や葉から抽出され清涼感があり、さわやかでスッキリとした香りで、甘さはほとんどないのが特徴。気分をシャキッと目覚めさせてくれます。「脳を活性化させたいとき」「落ち込んだ気持ちをリフレッシュさせたいとき」「やる気を起こしたいとき」などに効果があります。


「主なもの」
ペパーミント、ローズマリー、バジルなど


また、最近ではアルツハイマー型認知症の予防にも香りが期待できるのではと期待されています。アルツハイマー型認知症では嗅覚の機能低下がみられます。香りによる嗅覚を刺激させることで認知症の予防に期待が。朝はローズマリーとレモン、夜はラベンダーとオレンジ・スイートの組み合わせが効果が高いとの報告があります。

0411image-1222.jpg


日本では古くから「香道」という香りの文化を暮らしの中で育んできました。そうした背景を持つ私たちは、香りをもっと身近に楽しむことができるはずです。ぜひ、日々の生活に香りを取り入れてみて、心も身体ものびやかに過ごしていきましょう♩

 

 

180703_Sophia_349
 

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。 

小麦粉を使って料理のレパートリーを増やそう!

  • 2019.04.05 Friday
  • 13:38

こんにちは!
ソフィアプロモーション管理栄養士の三溝です!

カフェ巡りが好きなのですが先日、手作りタルト専門店の「キューム カフェ エア」に行ってきました!


左が洋梨、右が西洋すももです!

この日はスイーツタルトを食べたのですが、ランチには甘くない「お惣菜タルト」がおすすめとのことです!お惣菜タルトは食べたことがないので気になります♪

最近はグルテンフリーのタルトもありますが、

タルトといえば通常小麦粉を使いますよね!

様々なレシピサイトやレシピ本で「小麦粉」や「薄力粉」と記載されていることが多いと思いますが、「小麦粉=薄力粉?」と思われる方が多いのではないでしょうか?

今回は小麦粉の種類についてお話ししたいと思います!



先に答えを言いますと、、、
小麦粉は「薄力粉」「中力粉」「強力粉」の3つに分けられるので、正確には3つ合わせて小麦粉ということですね!

小麦に含まれるグルテンの量と質によって分類されています!
グルテン!よく聞くと思いますが、グルテンはタンパク質の一種で粘性と弾性を兼ね備えた性質があります。

それぞれの小麦粉の性質を見ていきましょう!

*薄力粉 グルテン量:少ない


粒子の大きさが小さくキメ細かいので、水と合わせたときの粘りが弱いのが特徴。
混ぜすぎると粘りが出てきてしまうので、サックリ混ぜるのがポイント!
これを知ると、天ぷらを作る時に混ぜるのは数回で、ダマが残っていてOKと言われているのも納得できますよね!



*中力粉 グルテン量:中間


粒子の大きさは薄力粉と強力粉の中間で、滑らかで伸びが良いのが特徴。
中力粉はうどんに使われることが多いので、別名「うどん粉」とも呼ばれているんですよ!
こねるほど弾力性が増し、歯ごたえのあるコシが生まれるので、うどんを作る時に足で何度も踏むのは理にかなっていますね!



*強力粉 グルテン量:多い


粒子が粗く、薄力粉や中力粉と比べて硬めで粘性や弾性が強いのが特徴。
中力粉よりさらに、こねるほど粘性や弾性が増すので、パンや中華麺に使われることが多いです!



小麦粉の種類について知っていると料理で使い分けができますね!


例えば、強力粉に薄力粉を少しブレンドすることで、さっくり、ふわふわとした食感になるのでご自身のベストな配合を見つけるのも楽しいかもしれないですね!ただ、うどんの場合、薄力粉で作ろうとするとブツブツ切れてしまい麺にならないのでご注意ください笑

少しでも参考になれば嬉しいです!
ぜひ普段の料理の参考にしていただければと思います♪

 

 

180703_Sophia_349
 

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。 

管理栄養士「低栄養」を補う料理のコツ教えます!

  • 2019.03.30 Saturday
  • 12:45

こんにちは!
ソフィアプロモーション管理栄養士の山村有利佳です。

前回の私のブログで少しご紹介した働く女性向けのレシピが

「for WO(フォーウー)」

フリーペーパーに掲載されました!自分たちが考えて調理したレシピが実際に形になるのは嬉しいですね♪

 

0329image-1141.jpg

 

 

0329image-1142.jpg

 

 

働くママさん向けに時短レシピ!

 

0329image-1143.jpg
数万部発行されているので、ぜひ手に取ってみてくださいね!

(右下に私と一緒にレシピ監修した管理栄養士三溝もご紹介いただきました)

私が料理をしたり、レシピを考えるのが好きになったきっかけは、小学生の頃自分が作った手料理を家族に食べてもらった時に「おいしい!」と喜んでもらえて嬉しかったからです。今は一人暮らしをしているのですが、実家に帰って料理をすると一番喜んで食べてくれるのは祖父です。そんな祖父にいつまでも元気で長生きしてもらいたいと思い、高齢者の食事について身近に考えるようになりました。

皆さんは「低栄養」という言葉を耳にしたことはありますか?


「低栄養」とはエネルギーとたんぱく質が欠乏し、健康を維持するために必要な栄養素が足りていない状態をいいます。また、高齢者にみられやすい症状と言われています。

 

「体重が減ってきた気がする」

 

「最近風邪をひきやすい」

 

「体力が落ちてきたという」方は要注意。

 

病気などが背景にある場合もありますが、実は「低栄養」が原因ということも考えられるのです。では、低栄養を予防するためにはどんなことに気をつけるといいのでしょうか。

好きなものだけを食べていると、栄養素が偏って体調を崩しやすくなります。体力と抵抗力を保つためのエネルギーとなる糖質や脂質、血や肉となるたんぱく質、体の調子を整えるビタミン・ミネラル・食物繊維をバランスよく摂るには、さまざまな食品を食べることを心がけるといいでしょう。


ただバランスよく食べるって、手間もかかるし意外と大変ですよね…
毎日の食事を栄養充実メニューに変えるちょっとした工夫をご紹介します。


卵や豆腐を利用する
卵や豆腐は消化のよい良質なたんぱく質です。肉や魚には卵や豆腐とは異なるアミノ酸やビタミン、ミネラルなどが含まれており毎日摂りたい食品ですが、肉や魚が食べづらい、買い物や調理が億劫という方は卵や豆腐からたんぱく質を摂るようにすると良いでしょう。 

牛乳・乳製品をプラス
牛乳・乳製品は体内で作りだせない必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。消化吸収もよいため、食欲がないときやたんぱく質が不足しがちな朝食にプラスしたり、お茶やコーヒーをカフェオレに変えたり気軽に取り入れられるのでおすすめです。

マヨネーズを材料に取り入れる(マヨネーズは悪者ではありません 笑)
マヨネーズの主原料は卵・酢・油で、たんぱく質やエネルギー補給を助けてくれます。また、パサつきやすい芋などを飲み込みやすくしてくれる効果や、醤油や味噌などの調味料と比べて塩分が低く、コクが出るので合わせて使うと塩分を抑えつつおいしく仕上げることもできます。

毎日の食事メニューをほんの少し変えるだけで摂取できるエネルギーや栄養素は変わります。続けられることが大切なので、無理のない範囲で取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

180703_Sophia_349
 

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。 

運動に鉄分が大切な理由!「持久力」

  • 2019.03.22 Friday
  • 10:40

こんにちは!

ソフィアプロモーション管理栄養士の石垣桃子です。

 

ソフィアプロモーションではスポーツ団体と連携し「食によるカラダづくり」の栄養相談・セミナーをおこなっています。

 

 

今回ご紹介したいスポーツ団体は

 

 

カムイフットボールクラブ

 

 

当クラブは、埼玉県坂戸市を拠点として、ユース年代につなげるべくジュニアユース及びジュニア年代に必要な個人技術・戦術の習得を目的としたクラブチームです。将来は、代表選手を輩出することを目標に育成に専念しています。また、地域スポーツ文化の活性化につながればと考えて、日々、活動しております。

 

 

 

 

ユニフォームには食めぐロゴも入れてもらっています。

 

 

今回はせっかくですので、普段サッカーをやっている方にブログを書きたいと思います。

 

 

サッカーをする時に、いつもと同じ練習なのに息切れするのが早い…今日はしんどい!最近調子が出ない…など感じることはありませんか?

 

鉄分不足が原因かも?

 

 

日常的に運動する方は子供から大人まで年齢や性別に関わらず、鉄分不足になりやすいんです。

 

鉄の働き


食事から摂取され体内に取り込まれた鉄分は血液中で「酸素」とくっついて全身に運ばれます。

 

鉄分が不足して酸素が不足すると、連続して運動することがキツくなるために息がきれる、辛くなるといった症状が体に出てきてしまいます。陸上競技などでは記録にもその影響が反映しかねません…。

鉄分が不足する理由

 


✔汗をかくことで体内の鉄の排出量が増える

✔トレーニングをすることで足の裏に流れる酸素を運ぶ血液成分を破壊している

✔成長期やトレーニングで筋肉が増加すると鉄の需要が増える

 

スポーツをする体には鉄分が足りていることが必須なのに、スポーツをすることで鉄分が不足しやすいという…。
 

鉄の摂取方法


★★酢の物と一緒に

 

十分に胃液がある状態だと、食べ物が消化しやすくなります。

黒酢を使った料理マリネ・酢の物などすっぱいものを一緒に摂ったり、よく噛むことで唾液が出るので食べ物の分解と消化が促されます。
 

★★ビタミンCと一緒に

 

植物性の鉄分(非ヘム鉄)は豆類緑黄色野菜に含まれます。

これらの食材はビタミンCを摂ることで体内に取り込まれやすくなります😊

ビタミンCが多い食べ物には、ピーマン(パプリカ)かいわれ大根ブロッコリーゆずイチゴなどなど。

 

ブロッコリーのサラダ」

 

豆腐かいわれ大根の味噌汁」

 

など、組み合わせた料理はとっても相性がいいです♪

 

★★動物性の鉄を摂る

 

赤身のお肉や魚に含まれます。お肉だと特に牛肉に魚だとカツオイワシ鉄分が多く含まれています!

 

「牛バラじゃが」

 

カツオのたたき」

 

サプリメントなどから鉄分を採り過ぎてしまうと頭痛を催す可能性がありますが、食事から鉄分を採る分には過剰摂取の心配はありません(^^)鉄分が体内に取り込まれてから赤血球を作るまでには1〜2ヶ月かかりますので、毎日の食事に主食・主菜・副菜をバランスよく取り入れることが重要です♪

 

 

 

 

サッカーをする方は鉄分が大事!覚えてくださいね!

 

 

 

180703_Sophia_349
 

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。