管理栄養士が教える「被災時に大切な食生活」について

  • 2019.10.18 Friday
  • 18:20

こんにちは。


ソフィアプロモーションです。

台風19号で、日本中の多くの地域で被害がありました。

被災された方へお見舞い申し上げます。
 

先日被災地域に住む友人と話をしたところ、在宅被災者の食生活はまだ十分ではないようで、家庭での買い置きの缶詰などはすぐ底をつき、数日後に営業再開した店があったものの生鮮食品は全くなく、米の他はインスタントラーメンや菓子パンばかり。友人は知り合いの農家さんから野菜を分けてもらえたようですが、都市部の場合は農家さんと直接接することさえ、難しいのではないでしょうか。

今回は被災時に大切な食生活について書きたいと思います。
 

栄養が偏ることで、疲れやすくなる、集中力が低下する、免疫力が低下する、体調を崩しやすくなる、イライラするなど心身に影響します。同じものばかり食べ続けた結果、食欲が減退し精神的無気力を招いてしまったり、避難所での炭水化物ばかりの食生活が遠因となり、後日糖尿病を発症してしまった報告例もあリます。
 

被災hisaisyoku.jpg
ここでは各家庭で、そのような事態にどう備えたら良いのか、どう対処したら良いのかを考えていきたいと思います。被災時の食事は、ご飯、パン、麺類など炭水化物に偏りがちです。そのため、非常食として備蓄する食材は、栄養バランスを考えて取り揃えることが重要です。

特に欠かせないのが、以下の3つの栄養素です。

●タンパク質
肉、魚、豆類が、缶詰も豊富にあり買いやすい思いますが、大切なのは飽きることのないように取り揃えることです。豆の缶詰は、日頃はあまり使わない家庭も多いと思いますが、そのままでも食べられ、色んな料理にも応用できて重宝します。

●ビタミン
ビタミンと聞くと、生野菜・果物を思い浮かべる人が多いかと思います。しかし、新鮮な農作物は災害時に最も入手し難い食材です。しかしこれは、缶詰でかなり補うことが可能です。特にミカンの缶詰は必ず備蓄しておきたい一品。缶詰でも生のミカンの80%はビタミンを保持できているそうです。他にも飽きないようにパイナップルや桃など、ストックしておくと良いと思います。あとは野菜ジュースも忘れずに!
 

●ミネラル
カリウムは、塩分の排出を促し血圧を下げる効果があるので、意識的に摂取したいミネラルのひとつです。野菜や果物に多く含まれるので、ビタミンの項目でも上げたジュース類が効果的です。他に保存性の高いものとして、ミックスナッツがオススメです。ミックスナッツに含まれるアーモンドはマグネシウムの摂取にも効果的です。
 

そして、私が一番お伝えしたいのは・・

「温かい食事」を摂ること
 

「温かい白湯を飲むだけでもホッとした気持ちになります」

人間の身体は体温を維持することで体力・免疫力を保持します。1度体温が低下すると免疫力は3割も低下するといわれており、体温は大変重要となっております。 人は「食べる」ことで食品から栄養を吸収しエネルギーを作り出します。しかし、冷たい食べ物ばかり口にすると体温は上がるどころか、下がる一方で免疫力の低下をさらに招きます。

少量の水で発熱し、食品を温めるグッズなども販売もされておりますので、食べ物を温める発熱剤は一緒に備えておきましょう。
 

被災81G8pRn77hL._SX466_.jpg

災害により満足な生活ができない中での食べ慣れない食事。大きなストレスの中でさらに新しいストレスがのしかかってきます。そんな中、食事の時間の充実はストレス軽減に大きな効果が期待できます。前日と同じ食材しか手元になくても、ちょっとした味付けの違いを出したり、見た目だけでも変化を付けてみる。食事の場所を変えてみるだけでも効果があったりします。

これからも「食」による健康・笑顔に繋がる情報を1人でも多くの方にお届けしたいと思います。

 

 

180703_Sophia_349
 

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。 

管理栄養士が教える!「味覚障害を予防するには?」

  • 2019.10.11 Friday
  • 10:00

こんにちは。

ソフィアプロモーション管理栄養士の瓦林です。

10月に入り、日中はまだ暑い日がたまにありますが、朝晩は過ごしやすくようやく秋らしくなってきましたね!

秋といえば食欲の秋ということで、
この間、岡山県にブドウ狩りに行ってきました!

1011image-386.jpg

ブドウの主な旬は8月から10月初旬なので、行った時はギリギリの時期でしたが、実がぎっしり詰まっていて酸味が少なく、甘味が強いブドウをたくさん食べて来ました!

これからも食欲の秋を満喫したいと思います!笑

さて、最近ニュースでみて気になった味覚障害について今回お話をしたいと思います。


「何を食べても味がしない」、「実際とは違う味がする」味覚に異常があると言われてる人が増えているといわれています。自覚がないまま症状が悪化することもあるので注意が必要です!高齢者に多い味覚障害ですが最近では若い人の間でも増加しています。

1011image-387.jpg


○味覚のメカニズムについて


舌の上には味覚を感じる『味蕾(みらい)』という組織があります。味蕾は若い頃は約1万2千個あるといわれていますが、60億を過ぎるとほぼ半分に減ります。そのため、高齢になると味覚に異常を訴える人が多くなります。また、味覚障害は若い世代にも増えているとの指摘があります。その背景として、インスタント食品やファストフードの多様、過激なダイエットなど、栄養の偏った食生活があると考えられています。

1011image-388.jpg

味覚障害の症状は人によってさまざまです。何を食べても味が薄いと感じたり、全く味がしない人もいれば、食事をしていないのに苦さやしょっぱさを感じる人もいます。また何を食べてもまずい、口に入れてた食べ物が表現しがたいほど嫌な味に感じられるといった例もあります。

食は人にとって大きな楽しみです。味覚障害はその楽しみを損ない、生活の質の低下にもつながるといわれています。

○味覚障害の主な原因は亜鉛不足


味覚障害の原因で多いのが、新陳代謝に不可欠なミネラルである亜鉛の不足です。味蕾は新陳代謝が活発で、多量の亜鉛を必要とします。そのため体内の亜鉛が不足すると、新しい味蕾をつくることができなくなり、味覚の低下をもたらします。亜鉛不足による味覚障害は、食事からの亜鉛の摂取量が少ない場合はもちろん、消火器の病気により栄養の吸収が低下した場合にも起こすことがあります。また降圧剤や抗生物質などの中には亜鉛の排出を促す性質をもっているものがあり、こうした薬の副作用による薬剤性味覚障害もあります。
 
亜鉛不足以外では、やけどなどの外傷、腎臓や肝臓など機能障害、鉄欠乏性貧血なども味覚障害の原因となります。

○味覚障害を予防するには?
食事からの亜鉛摂取が基本。不十分なときには薬で補充。
味覚障害を改善したり、予防するには亜鉛の摂取が欠かせません。
カキやホタテなどの貝類、牛肉などの肉類、空豆やえんどう豆などの豆類などに亜鉛は多く含まれています。食事からの摂取だけでは不十分な場合には薬で補充する方法もあります。

1011image-389.jpg

1011image-390.jpg


味覚障害は、発症から治療開始までの期間が長いほど、味覚が戻るまでに時間がかかるとされます。「味覚がおかしい」と感じたら、早めに医師や薬剤師に相談てくださいね。

毎日の「食」を楽しみながら健康を維持しましょう!次回のブログもお楽しみに!

180703_Sophia_349
 

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。 

これからの季節に「しょうが」をお勧めする理由!

  • 2019.10.02 Wednesday
  • 19:45

こんにちは!

ソフィアプロモーション管理栄養士の三溝です!

先日のお休みに福岡旅行に行ってきました!


帰る前にJR博多シティの屋上にある「つばめの杜」に寄ったのですが、かわいらしい参道がありました!

1004写真1-2.jpg

9月のはじめは緑がいっぱいだったのですが、四季折々草花を楽しめるそうですよ♪

さて、10月に入り暑い日もありますが、朝晩は気温が下がってきましたね!


今回は、体を温める食材についてお話しします。

体を温める食材といえば、、、「しょうが」ですね!


よく知っているとう方もいらっしゃると思いますが、しょうがについて掘り下げてみてみたいと思います!

1004写真2-2.jpg

しょうがの成分は90%以上が水分で独特の辛味と香りはジンゲロールやショウガオールによるものです!

しょうがを食べると、熱い食べ物ではなくても温かいと感じますよね。これは辛味成分が温かさを感じる「温覚」という神経を刺激するからです。この刺激によって、血行がよくなったり、汗をかいたりします。新陳代謝を促進して体を芯から温めてくれます!

「しょうが=体を温めてくれる」と考えがちですが、しょうがを生のまま摂取するか、加熱調理や乾燥させるかによって体を温める効果が大きく変わるんですよ!


答えを先に言いますと、生のままより加熱または乾燥させたものの方がより体がぽかぽかします!


なぜかというと、、、

しょうがに含まれるジンゲロールは加熱や乾燥によってショウガオールに変化し、このショウガオールが新陳代謝を活発にしてくれるからです!

しょうがの摂り方は様々ありますが、オススメなのが、新生姜の炊き込み御飯 !!

1004写真3.png

千切りにした新生姜と油揚げとお米を出汁と一緒に炊くだけです!
炊きたてはしょうがの香りが広がり、食欲もそそりますよ!
ぜひ試してみてください♪

しょうがを活用して、冷え知らずのからだづくりを目指してくださいね!

 

 

180703_Sophia_349
 

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。 

寒さに負けない身体づくりの秘訣!秋の旬を積極的に食べよう!

  • 2019.09.28 Saturday
  • 08:44

こんにちは!


ソフィアプロモーション管理栄養士の山田裕理奈です!

先日、敬老の日に両家の祖母を連れて
熱海へ女子旅に行ってきました!

0927image-10-2.jpg

その日は丁度、海上花火大会の日で

なんと!!

部屋から巨大な花火を見ることができました!

0927image-11-2.jpg

祖母達も「こんな近くで花火を見たのは初めて!!」とはしゃいでおりました。笑

皆さん!秋といえば"食欲の秋"!


ブドウや梨、リンゴなど
美味しい果物が多くなる季節ですよね!


果物は血圧を下げる効果が期待できたり、風邪予防など身体に嬉しい食材ですが、食べ過ぎは逆に血糖値を上げてしまうので、注意しなければならない食材でもあります!

そこで今回は
1日あたりの果物の目安量をお伝えします!


0927スクリーンショット 2019-09-22 16.28.19.jpg

グラム数でいうと…100〜150gが目安です!

具体的には、

・バナナ 1本
・リンゴや梨 1/2個
・みかん 2〜3個

が目安です!

果物は、ごはんに比べて消化が早く、
一度にたくさん食べると
急速に血糖値が上がってしまいます。

0927スクリーンショット 2019-09-22 16.30.06.jpg

食べ方としては、
1日あたりの目安量を2回に分けて食べるのが
オススメの食べ方です!

秋が旬の食べ物には栄養価が高いものが多いと言われています。
それは植物自身が冬の厳しい寒さを越せるように備えているからです!


是非、秋の食材を摂り入れて、寒さに負けない身体づくりを始めてくださいね!

話題のスーパーフードメニュー「酢納豆」の健康の秘密教えます!

  • 2019.09.20 Friday
  • 09:44

こんにちは!

今回初めて投稿させていただきます!

ソフィアプロモーション 管理栄養士の伊藤です。

先日京都に旅行に行ってきました!

京都の風情溢れる街並みの中を浴衣で歩くのを密かに憧れていたのですが、ついに実現いたしました!!とても暑い日で汗だくになりましたが、ちょうど祇園祭りも開催されていたり、京都の名所にもたくさん行けたので大満足の旅となりました!

09180.jpg

今回は、今なにかと話題の『お酢』についてお話させていただきます!

0918酢1.jpg

◯酢の効能

酸っぱさの元が疲労回復やスタミナアップに!

酢の酸っぱい味のもとは、酢酸やクエン酸をはじめとする多種類の有機酸。クエン酸は、食べ物に含まれるエネルギーを活動のためのエネルギーに変えるときに役立つ成分で、酢とエネルギー源である糖質や、糖質の代謝を促すビタミンB1を一緒に摂取すると、スタミナアップや疲労回復に効果的です。

※クエン酸はもろみ酢に多く含まれています。

ミネラルの吸収をよくしたり、消化吸収を助ける作用も!

酢のクエン酸には、カルシウムやマグネシウムなど、体内に吸収されづらいミネラルと結びついて、吸収されやすい形に変える「キレート作用」があります。また、酢の酸味は気分を爽やかにして食欲を増進させたり、だ液の量を増やして消化吸収を助ける効果もあります。

腸のぜん動運動を高めて、疲れ知らずの体に!

酢には抗菌作用があるため、腸内の悪玉菌を減らす作用があります。

さらに、酢に含まれているグルコン酸は善玉菌が大好きなエサ。つまり、酢をとることで善玉菌が増え、元気に活動するようになります。腸の血流がよくなり、ぜん動運動が活発になります。ぜん動運動が活発になると、腸内環境が改善されて便秘が解消されるとともに、活性酸素の発生を抑制してくれ、疲れにくくストレスに強い体になります

スーパーフードとして今密かにブーム!!

『酢納豆』ってご存知ですか?

0918納豆2.jpg

納豆の働きとして、腸内環境を整える作用があります。納豆の食物繊維は、腸内の善玉菌のエサとなり、酪酸という物質を作り出します。酪酸は、大腸上皮細胞の栄養源となり、大腸の新陳代謝や腸のバリア機能を高めます。腸のバリア機能が低下すると、腸内での栄養吸収が妨げられたり、有害物質を排出できなくなったりします。その結果、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患や、糖尿病やガン、うつ病などの病気を引き起こします。

納豆をとることで腸粘膜が丈夫になり、こうした病気を予防につながります!

食物繊維には、水溶性と不溶性があり、その比率は1対2が理想とされています。

納豆の食物繊維は、まさにこの黄金比。

水溶性食物繊維は腸内の善玉菌を増やし、不溶性食物繊維は腸の内壁を刺激して、ぜん動運動(内容物を先に送る動き)を促進します。

また最近私は『美酢』にハマっています!

0918美酢3.jpg

美酢(ミチョ)は、100%果実発酵のお酢から作った果実の美味しさを楽しむことの出来るビネガードリンクです。特徴としては果汁をそのまま発酵させているため、豊富な天然果実のマイルドな味が感じられ、フルーティーでまろやかなお酢を楽しむことが出来ます。

名前の由来は『美しくなるためのお酢』で、手軽に、簡単に続けられる、“美味しい美容”として、注目を集めています!保存料、着色料をいっさい使っていない無添加のお酢なので安心!希釈の仕方もいろいろで、水で割っても、炭酸で割っても美味しいんです。ビールや牛乳で割るというちょっと変わったアレンジもオススメです!味もいろいろあるので、是非試してみてください!

 

 

180703_Sophia_349
 

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。